カウンセリングの資格と種類

こんばんは、心理カウンセラーを目指している真理です。今日は真面目にカウンセリングについて話そうかと思っています。

カウンセラーやカウンセリングについては、様々な資格や検定が存在しています。カウンセリングの資格や検定は種類がたくさんあるのです。国家資格もありますし、単にカウンセリングの知識を問うための検定もあります。みなさんの中には、将来的にカウンセリングの依頼をすることがあるかもしれないので、有資格者かどうかなどがカウンセラー選ぶ判断基準のひとつとなります。

心理カウンセラーというよりも、占い師や恋愛セラピストといった職業も存在しています。そういった人たちも、カウンセリングの手法を用いたりしているので、心理カウンセラーとの違いは紙一重だったりします。まあ、私も恋愛相談をよく受けたりしているので、恋愛カウンセラーや復縁アドバイザーとして活動できるかもしれません。さて、カウンセリングの資格と種類について見てみましょう。

まずは、国家資格である公認心理師です。公認心理師は2017年に施行された公認心理師法によって新しくできた資格です。ざっくり簡単に言うと、心理カウンセラーの国家資格で、臨床心理士が行っている業務が範囲となります。臨床心理士は日本臨床心理士資格認定協会が認定している資格なので、国家資格ではないのです。他には、日本心理学会の認定心理士や国家資格である精神保健福祉士などがあります。

日本NLP協会のNLPプラクティショナーなども注目の関連資格です。NLPとは、Neuro Linguistic Programmingのことで、日本語では神経言語プログラミングといいます。NLPはカウンセリングやコーチングを行うのに学ぶべき心理学のひとつです。NLPはアメリカから入ってきた概念です。カウンセリングやコーチングの理論や概念の多くはアメリカから入ってきます。また、日本心理学アカデミーが心理コンサルタントや心理カウンセラー、メンタルトレーナーの講座を開いているようです。

ざっと、こんな感じで、心理カウンセラーに関係するたくさんの資格や検定があります。私もまだまだ勉強が必要ですね。以上、カウンセリングの資格と種類について説明してみました。